聖日礼拝 『ルカの福音書』 より 68

ルカの福音書14章15節~24節  先週は、主が、1節 「パリサイ派のある指導者」の招きに、悪質な魂胆と敵意によるものと知りつつ応じられた場面で、その彼らを扱う 《 主の魂を愛して止まないお姿 》 に学んだ。 ⅰ 主の ※ 3節 「安息日に癒やすのは律法にかなっているでしょうか、いないでしょうか」の質問に見る。 …

続きを読む

聖日礼拝 『ルカの福音書』 より 67

ルカの福音書14章1節~14節  先週は、エルサレム行きの旅もかなり南下しつつのヨルダン川の東、ヘロデ・アンティパスの領土内でのこと、主を支持するユダヤ人による暴動に警戒した為か ? 31節の退去の伝言に、主の ※ 32、33節 「狐( きつね )にこう言いなさい」の心に学んだ。 ⅰ 32、「行って、…

続きを読む

聖日礼拝 『ルカの福音書』 より 66

ルカの福音書13章31節~35節  先週は、23節 「主よ、救われる人は少ないのですか」の質問に、主が、24節a 「狭い門から入るように努めなさい【詳訳 : 自分に強制しなさい】」と答えられたおことばに学んだ。 ⅰ 「狭い門」とは、24節b 「多くの人が、入ろうとしても入れなくなるから」の意味で言われ…

続きを読む