聖日礼拝 『マタイの福音書』 より 80

マタイの福音書18章21節~35節  先週は、15節 「もし、あなたの兄弟が罪を犯したなら・・・」というケースを扱っておられる問題から三つの事を考えた。 ⅰ 罪は 《 責め、過ちを示されるべき 》 であって、決して見過ごしにされてはならない、放置してはならないこと。  「責める」とは 《 罪を罪と認めさせる行為 》 なので、世にその誤りを認めさ…

続きを読む

聖日礼拝 『マタイの福音書』 より 79

マタイの福音書18章15節~20節  先週は、弟子たちの、1節 「それでは、天の御国では、だれが一番偉いのでしょうか。」との質問に対して( それが彼らにとって、日頃からの最大の関心だったからであるが )、主が、3節~4節 「あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、はいれません。だから、こ…

続きを読む

聖日礼拝 『マタイの福音書』 より 78

マタイの福音書18章1節~14節  先週は、24節 「宮の納入金を納めないのですか。」との問題を、主がどのように処理されたのかに学んだ。  この「宮の納入金」とは、毎年、過越祭の直前に、神殿維持費として納められる神殿税であるが、出エジプト後、成人男子に義務付けられていたものである。  25節b の主の質問を、当時の状況に照ら…

続きを読む