聖日礼拝 『マタイの福音書』 より 53

マタイの福音書12章15節~21節  先週は、パリサイ人が二つの機会【1節の穂を摘んで食べ始めた弟子たちを見て/10節の片手のなえた人がいるのを見て】を捕らえて、主を罪ある者として訴えようと企んだ出来事に注目した。何れも主が、安息日を守るのか、守らないのかを確かめるものであったが、主は彼らの魂胆を見抜かれて、8節 リビングバイブル訳 「安息日といえども、天から来たわたしの支配…

続きを読む

聖日礼拝 『マタイの福音書』 より 52

マタイの福音書12章1節~14節  先週は、28節 「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。」とは、20節~24節で、厳しい裁きを宣告せざるを得なくされた重荷から迸(ほとばし)り出た恵みへの招きであると学んだ。  ⇒ 20節 「イエスは、数々の力あるわざの行われた町々が悔い改めなかったので、責め始められた。」…

続きを読む

聖日礼拝 『マタイの福音書』 より 51

マタイの福音書11章20節~30節  先週は、弟子たちの派遣後、主の許に届いた3節のバプテスマのヨハネからの質問に学びました。彼の質問の真意は ?  主は、4節 「自分たちの聞いたり見たりしていることをヨハネに報告しなさい。」と仰っておられるが、実は、バプテスマのヨハネは「※2節 ・・・獄中でキリストのみわざについて聞い」て知った上…

続きを読む