夕拝『詩篇』からの霊想〈149篇〉

「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への賛美を。1節」 本篇の賛美への勧めは、「主は御自分の民を喜び、貧しい人を救いの輝きで装われる。4節 新共同訳」 故に、「造り主にあって喜べ。・・・王にあって楽しめ。2節/御名を賛美せよ。・・・主にほめ歌を歌え。3節/高らかに歌え。5節b/神への称賛・・・があるように。6節a」である。 ① 主の御業への…

続きを読む