夕拝『詩篇』からの霊想〈119篇⑤〉

へー 33節~40節 「主よ。あなたのおきての道を私に教えてください。そうすれば、私はそれを終わりまで守りましょう。33節」 作者の「あなたのおきての道を・・・教えてください。33節/与えて下さい。34節」とは、「戒めを慕ってい・・・40節」る者の祈りであるが、その者の実際的な姿勢とは ? ①その積極性において 「そうすれば、私はそれを終わりまで守りましょう。33節c/私はあ…

続きを読む

夕拝『詩篇』からの霊想〈119篇④〉

ダーレス 25節~32節 「私のたましいは、ちりに打ち伏しています。あなたのみことばのとおりに私を生かしてください。25節」 何らかの重荷の為に〈 霊的健康を損ねて心萎えた 〉作者は、「私を生かしてください。 25節c/私を堅くささえてください(立ち直らせてください=新共同訳)。28節b/私をあわれんで(恵んで=現代訳)ください。29節c」と、霊的回復を求めて主の聖前に出ているが《 祈り…

続きを読む

夕拝『詩篇』からの霊想〈119篇③〉

ギメル 17節~24節 「あなたに仕える者を恵んでください。そうすれば私は生かされて、みことばに従います。17節現代訳」 この聖句には、《 日々、みことばに従う歩みの為に、〈 豊かなあしらい・恵み 〉を期待する謙虚な姿勢が 》見られるが、こうした「あしらい」に与る為に求められることは ? ①「私の目を開いてください(私の目の覆いを払ってください=新共同訳)。私が、あなたのみおしえの…

続きを読む