夕拝『詩篇』からの霊想〈115篇〉

1節「私たちではなく、主よ。私たちではなく、あなたの御名こそ、栄え輝きますように。あなたの慈しみとまことによって。新共同訳/主よ。私たちにではなく、私たちにではなく、栄光を、あなたに帰させてください。それは、あなたの愛と真実のためです。現代訳/私たちではなく、あなたが崇められますように。すべての人が、神様の恵みと真実をたたえますように。リビングバイブル訳/・・・栄光を、ただあなたの御名にのみ帰し…

続きを読む

夕拝『詩篇』からの霊想〈114篇〉

「地よ。主の御前におののけ。ヤコブの神の御前に。7節」 記者は、「海よ。ヨルダン川よ。5節/山々よ。丘よ。6節」これらすべてを以て「地よ」、と呼び掛けながら〈 主を礼拝するようにと 〉勧めているが、ここで悟るべきことは ? ①「海」は、出エジプトする際に【出エジプト14章1節~14節】民の不信仰を引き出し、指導者モーセを非難させ、口々に主の善意を疑わせた/「ヨルダン川」は、約束の地カ…

続きを読む

夕拝『詩篇』からの霊想〈113篇〉

「だれが、われらの神、主のようであろうか。主は高い御位に座し、身を低くして天と地をご覧になる。5節~6節/主は【 弱い者や、飢えた者を拾い上げ、人々の指導者とされるのです。7節~8節 リビングバイブル訳 】 本篇は、「ハレルヤ。主のしもべたちよ。ほめたたえよ。主の御名をほめたたえよ。1節/今よりとこしえまで、2節/夜明けから日没まで、・・・3節 リビングバイブル訳」と、主を賛美することへの…

続きを読む