聖日礼拝『ヨハネの福音書』より 74 完

ヨハネの福音書21章18~25節  先週は、主が《 「岸辺」のお方が「主だ」と叫ぶヨハネの声を聞いて懸命に主の許に急いだ 》ペテロを、個人的に優しくではあるが極めて厳格に扱われた感動的場面に学んだ。 ⅰ 主が、静まり返ったティベリア湖畔の静寂を破って《 他の弟子にではなく、先ずペテロに 》声を掛けられたことに。  主は実に、ペテロが誰よりも主に会いたく願っていたか、又誰よりも主…

続きを読む

聖日礼拝『ヨハネの福音書』より 73

ヨハネの福音書21章15~17節  先週は、つい先には、エルサレムで復活の主を見て喜び、感動のうちに召命を再確認させられた筈の弟子たちが、3節 「私は漁に行く」と、宣教者としての自覚をよそに、今日をどう生きるかの煩いに身を委ねてしまっている彼らを再度 弟子の召命に復帰すべく、ご顕現下さった記事に学んだ。 ⅰ その場所として、彼らが弟子の召命に与った※1…

続きを読む

聖日礼拝『ヨハネの福音書』より 72

ヨハネの福音書21章1~14節  先週は、復活の主が、マグダラのマリアに次ぎ、19節 「ユダヤ人を恐れて戸に鍵」を掛け、身を潜めていた弟子たちに顕現された時、御口を開かれた第一声が、19d、20、 21、22 、26節 「平安があなたがたにあるように」だったことに学んだ。  「平安」とは程遠い霊的状態にある彼らが最も必要としていたからでもあるが、そもそも、…

続きを読む